出産中に行った私の宣言

夜、もう寝ようと思って、ベッドに横になったら、ぴしゃりと音がしました。そう破水です。
陣痛はきていないのに、破水からお産が始まってしまいました。

今は夜中の23時30分。病院までは10分で行ける。まてよ。
0時前に病院に着いたら、今日分の入院費を取られるのでは。。。
助産師として働いていた甲斐もあり、破水していたので気をつけながら、入院準備に不足なものがないか確認し、0時を過ぎた頃に病院に電話し、そのまま入院となりました。
入院費1日お得になった~。

徐々につよくなる陣痛。やっぱり陣痛は痛いなぁ。
だんなに腰をマッサージしてもらいながら耐えること15時間が経過しました。
子宮口も全開大し、いよいよと言う時、なんだか陣痛の間隔が開いてきて、弱くなってきたのです。
え~ここまできて、なんでよ。と思いながらも、次陣痛がきたら、もう思いっきり出してやろうと心に決め、いよいよ陣痛が来ました。
いきむも、やはりもう少し陣痛が強くないとでない予感がして、「あ、今は(いきむの)やめます。次陣痛きたら出しますね」と助産師と先生に宣言し、やっと次の陣痛で無事出産。

出産が終わったときには、「次の陣痛で出しますと宣言した人はみたことない。あなた自分ひとりでも産めそうな余裕だったね」と助産師と先生に言われました。
なんだか、恥ずかしいような。面白出産でした。